手にも労りの気持ち、優しい手のつくりかた

誰だってキレイな手に憧れるものですが、やっぱりお手入れをきちんとしないと憧れの手になることはできませんよね。毎回手を洗うたびに、とは言いませんがせめて寝る前にハンドクリームを丁寧に塗り込むことはとても大切です。

ハンドクリームを塗ることももちろんキレイな手になるために大事なことのひとつですが、実は普段から少し気をつけるだけで手の荒れやかさつきを防ぐことが出来るんです。それって難しいこと?いえいえ、本当に何気ないことなんですよ。

ではどんなことなのか?ずばり、手を洗ってタオルやハンカチで拭く時、ゴシゴシと拭き取らずに優しく包み込むようにする!たったこれだけです。簡単すぎて拍子抜けしてしまいませんか?でも意外とゴシゴシ拭く人が多いんです。

方法は至って簡単。手の甲と手のひらをハンカチで挟んで、タオルに水分を吸収させるイメージで絶対にこすらないこと。これを日常的に心がけるようにするだけで、驚くほど手の荒れが防げるんです。

私ももちろん手を拭く時には絶対にこすらないし、急いでいる時でも手早くポンポンと軽く叩くようにして水分を拭き取ります。信じられないかもしれませんが、たったこれだけでいいんです。ハンドクリームを何度も塗り込むよりとっても効果があるので是非試してみてくださいね!